1. 伊達家御用蔵 勝山
  2. 仙台勝山館ソーセージ
  3. ヴァイスブルスト

ヴァイスブルスト

お買い求めはこちらから

仙台勝山館ソーセージ ヴァイスブルスト

原材料
豚肉(国産)、天然羊腸、食塩、フォンドヴォー、砂糖、玉ねぎ、香辛料、レモン、生姜、ニンニク
賞味期限
3週間
保存方法
10℃以下で保存
内容量
115g/3本入り
本体価格
¥520+消費税
栄養成分
たんぱく質 (g) 14.4
脂質 (g) 26.05
炭水化物 (g) 0.75
エネルギー (kcal) 295
ナトリウム (mg) 576.5

ハーブの香りが効いたソフトな舌触りの白ソーセージ

無添加へのこだわり

よく巷で見かけるソーセージの原材料表記を見ますと、発色剤・結着剤・食品添加物の他に、味を補強するための酵母エキス、ポークエキスなど各種エキス等の添加や、結着を補強するための水飴や小麦粉等を加えるといった製法が見受けられます。このような製法を勝山は徹底的に排除しております。そもそも真っ当なことを行えば味や結着性を補強するための添加は全く必要ないのです。
ところで、なぜ、蔵元がソーセージを?と質問されることがよくあります。突き詰めれば酒造りもソーセージ作りも共に同じ加工業、哲学的に共通点が多いのです。
良い原材料を選び、独自に工夫をこらした加工技術により更に素晴らしい製品へと付加価値を高めていく。酒なら原料である米の味を表現するのと同様にソーセージなら原料である豚肉の味を一層美味しく表現する。ソーセージという既成概念の味ではなく、一つの美味しい豚肉料理としてしっかりと豚肉の美味しさを追求する。酒なら純米、ソーセージならば完全無添加こそが王道であると頑なに信じています。

作りへのこだわり

鮮度の良い国産豚のみを使用しております。肉をミンチにし、スパイスと合わせた後、塩結着させるよう温度管理された低温作業にて素早く肉を結着させます。
皮には良質なオーストラリア産天然羊腸を使用しております。1本1本の形状が異なるため作業に手間はかかりますが、熟練の職人の技により、肉厚でパリッとした自然な食感とジューシーな肉汁の美味しさを楽しめるよう仕上げています。
肉のまとまり具合、肉と脂のキメの細かさと食感、スモークの掛け具合による皮の張り具合と色合い、スモークの香りと豚肉の味とのバランスなど、独自の基準で常に味をチェックし、定期的に改善し続けています。

美味しい食べ方

無添加ソーセージはボイルでもグリル共にオススメです。
天然羊腸のパリッとした歯ごたえを楽しみたい方にはボイルがオススメ。 ボイルの場合、ソーセージを切らずにそのままゆであげて下さい。ソーセージが浮かび上がったら出来上がりです。
豚肉の濃厚な美味しさを楽しみたい方にはグリルがオススメ。
ソーセージを常温に戻してからフライパンで中火でゆっくりと転がしながら焼き上げます。皮の表面が焦げてきて、ソーセージの内側から滲み出てきた脂で照りが出たら出来上がりです。
また勝山の無添加ソーセージは実はゴハンとお醤油との相性が抜群。

・蔵元オススメのソーセージ用酒ディップのご紹介
<酒割ケチャップ>
ケチャップに勝山のお酒を加えて混ぜ合わせるとカクテルソースに早変わり。 
<酒割粒マスタード>
粒マスタードに勝山のお酒を加えて混ぜ合わせるだけ。

蔵元からのワンポイント酒アドバイス
ソーセージにはビールと思っていませんか?
実はソーセージの豚肉の美味しい旨味には日本酒の方が抜群に合います。 日本酒の旨味成分グルタミン酸と豚肉のイノシン酸が掛け算され、旨味が倍増します。
必ず日本酒を先に飲む「先手飲み」をしてからソーセージを召し上がってください。

一覧へ戻る